忍者ブログ
此処はTW2シルバーレインのキャラクター「守衛・刹那(b34281)」についてのブログです。 シルバーレインと関係の無い方々のコメントやリンク等は許可致しません。ご了承下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ん……」

マリアが目を覚ました。ぐっ、と伸びをして辺りを見回す。
「…覗いてはいないみたいね」
寝顔を見られるのは恥ずかしいらしい。ドアを開けてリビングに入る。
「…あら?」
見つけたのは一枚のメモ。刹那の字で出かけてくる、と書いてあった。
「……気晴らしに外出でもしようかしら」
見つかる可能性はあるが、あれから既に3か月が経とうとしている。奴らのことだ。見つけたのならなりふり構わずに連れ戻しにくるだろう。それが無いということはまだ見つかっていない、と思って良いのだろうか。少なくとも今まで商店街でそれらしき人物をみかけたという情報は無い。
マリアを連れ戻そうとしているのは趣味の悪い変態ジジイでロリコンで自分を妻にする気の人物らしい。そして執念深い。(マリア談)
「……刹那は商店街かしら……」
自分の中で一先ず整理をし、コートを羽織って外に出る。外の空気は切るように冷たい。
冷えた空気の中、マリアは商店街へ歩き出した。

Setsuna side
刹那は商店街を闇を纏いながら歩いていた。既に日は落ち始めている。目指している場所は例の事件があった現場。調査は既に終わっているらしく、警察の姿は無い。刹那は路地裏へ足を踏み入れた。
「……っ!」
路地の奥へ進んでいくと一人の男が立っているのが目に入る。
…いや、人間にしては不気味だ。こんなところで、血まみれの学生服で鉄パイプを持っている。そして、顔はもはや原形を留めていない。
「事件の被害者……ゴーストになっていたっていうのか……?」
刹那は刀を抜き放つ。
『命葬剣 零』 それは刹那の愛刀であり、全ての命を無に帰す霊剣。
唸り声と共に大上段から振り下ろされる鉄パイプをあっさりかわし刀を真一文字に振る。それはリビングデッドの腕を深々と切り裂く。
「……大して強くないな……まだ覚醒したばかりなのか……?」
刹那に向けて繰り出される攻撃はどれも単調で避けやすいものだった。それをかわしつつ攻撃を与えていく。

「グゥゥ………」
リビングデッドの唸り声は徐々に弱くなっていく。それはリビングデッドの力が弱まっていることを表している。
瀕死のリビングデッドが鉄パイプを振り上げ、それを回避しようとし。
「……刹那……」
名を呼ばれて、そこで、動きが止まった。
「な……どうして……!」
それが刹那の一瞬の隙だった。リビングデッドが振り下ろした一撃は刹那の後頭部を強打した。
視界がぶれ、意識が薄れていく。
視界に入る、驚愕している青髪の少女の姿を最後に刹那の意識は途切れた。

Maria side
刹那の姿を捜して商店街を歩くマリア。
「……もう、刹那ってば何処に行ったのかしら……」
夕日が差す商店街を歩くマリア。それほど混んではいないが、それが逆に不安を煽る。自分を追う組織から見つかる可能性が高まることと、自分を守ってくれる刹那が傍にいないことへの不安。思えば、刹那と会ってからは常に刹那が傍にいた。自分一人で外へ出ることなど無かった。
そして気づく。向こうから白いコートを着た銀髪の青年が歩いてくる。
その青年がマリアに声をかける。
「……マリア・エスティードだな?」
「…そうだとしたら、何なの?」
青年は表情を変えずに答える。
「俺はアタラクシア所属のソウマ・ロクシェ。お前を迎えに来た。大人しくついてきてもらおうか」
マリアはキッ、と青年を睨みつける。
「…あのロリコンの手先?」
ソウマは首を横に振る。
「あんな奴の為に動くわけないだろう。俺は……って、おい!」
マリアはソウマが言い終わる前に逃げ出していた。ソウマはため息をつく。
「……せめて、人の話は最後まで聞けよな………」

数分後、マリアは路地裏へ逃げ込んだ。
「はぁ……はぁ……ここまで来れば………」
思考を中断するように甲高い金属音がした。路地の奥からだ。そっと奥へ入り、硬直する。
そこでは化け物と黒いコートを纏った青年が戦っていた。青年の顔はよく知っている。
「……刹那……」
思わず漏れたマリアの声に反応して刹那が振り向く。その直後、刹那は後頭部を化け物が持っていた鉄パイプで強打されて倒れる。
「あ…あぁ………」
声が出ない。化け物は自分を見据え、鉄パイプを持って近寄ってくる。
「こな……いで………」
声は掠れている。もう一度、声を張った。
「来ないで!!」
その瞬間、化け物の真下から強烈な風が出現し、ゴーストを銀色の塵に変えた。
「何…何なの……?」
気づけば、マリアは駆け出していた。夕焼けの中を。そして、その前に立つ3人の白いコートを羽織った人影には、まだ気づいていなかった。














後書き
この話はどれぐらい続くんだろう……ちょっと長くなるかもしれないです。
つかモノローグ(ry
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[07/29 黒夜]
[07/29 刹那]
[07/29 黒夜]
最新TB
プロフィール
HN:
守衛・刹那
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]