忍者ブログ
此処はTW2シルバーレインのキャラクター「守衛・刹那(b34281)」についてのブログです。 シルバーレインと関係の無い方々のコメントやリンク等は許可致しません。ご了承下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一人の少女が、雨の道を走っていた。

少女は服も身体もボロボロだった。目は虚ろで、今にも倒れそうだった。
年は大体11、12くらいだろうか。長い髪に汚れたリボンをしている。
「わたし………逃げなきゃ……逃げなきゃ………」
少女が走っているのには理由があった。それは、少女をここまで必死にさせるものなのだろう。あてもなく、走り続ける。だが………。
「きゃ……っ!」
雨のせいもあるかもしれないが、少女が転んだ理由はそれだけではないだろう。既に少女は満身創痍だ。
「やだ……やだよ……追ってくる……追ってくるよ………」
うわごとのように繰り返す少女。だが、意識は徐々に薄れていく。最後に、誰かの足音が聞こえたような気がする。
きっと、「アイツ」が追いついたんだ。
少女はそう思った。絶望の中で、少女の意識は闇の底に落ちた。



一人の青年が雨の中、傘を差して歩いていた。黒い髪と双眸の青年は彼の学校から家へ帰る途中だった。
「さて、今日の夕食は何にしようか…………ん?」
青年は数メートル先の道の上に何かがあるのを見つけた。
「…………?」
首を傾げて歩み寄る。そして、近づくにつれてそれが何なのかを把握した彼は、それに向かって駆け出した。
青年が見つけたもの、それは一人の髪の長い少女だった。
「おい、大丈夫か!?」
青年は揺さぶるが、少女は反応を示さない。青年はふと思いつき、少女の額に手を当てた。
「……凄い熱だ…」
これでは警察より先に安静にできる場所へ運ばないといけない。それも、一刻も早く。此処から最も近くて安静に出来る場所………
「…家だな」
青年はぐったりとした少女を背負うと、家へ向かって駆け出した。
「………たす…けて……」
少女のか細い声を聞き、青年は速度を増した。

これは、二人の出会いの序章。これから先に何があるのかは、まだ知らない。








後書き
過去編を書くのに疲れてきたので気分転換に。
少女についてはまだ秘密です。青年は……誰だか分からない筈がありませんね。(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/29 黒夜]
[07/29 刹那]
[07/29 黒夜]
最新TB
プロフィール
HN:
守衛・刹那
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]