忍者ブログ
此処はTW2シルバーレインのキャラクター「守衛・刹那(b34281)」についてのブログです。 シルバーレインと関係の無い方々のコメントやリンク等は許可致しません。ご了承下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深い闇の底から―あるいは、闇そのものから、声がする。

「お前じゃ無理だ、刹那」




刹那、という名のもう一人の俺。そいつが倒れたその瞬間、この身体の支配権は俺に移った。
「はぁ……ようやく出て来れたな……しかし、どうなってる?俺が二人……?」
俺の独り言を遮るように叫びを上げるゴースト。俺に飛んでくる矢を苦も無く避ける。
「考え事くらいさせろよな。俺がお前なんかにやられるワケないだろ」
踏み込む時は一瞬。奴の懐に飛び込み、心臓を刀で貫く。
ゴーストはその一撃で地へ沈む。
「………」
さて、どうするかな……先ずはこいつらを一掃するとしよう。
「……覚悟は、良いかよ?」
答えなんか、聞かないけどな。


ビルの屋上。ゴーストを次々と殲滅する少年を見下ろす4つの人影があった。歳は14、15くらいだろうか。全員が下で戦う少年と同じロングコートを纏っている。
「やっと、見つけた………」
1人がそう呟き、屋上から降りていく。他の3人もそれに続いた。


「てやあぁぁ!」
ゴーストを次々と屠り、ほとんどのゴーストを倒してしまった。
「やれやれ、手ごたえがねーなぁ」
残りを倒してしまおうとした、その時だった。
「…!」
雑魚とは違う気配に気づいた俺は身構える。その瞬間、雑魚を貫く術式の銃弾。倒れたゴーストの向こう側に見える4つの影。俺と同じ、白いコートを着た奴等。
それは、俺が良く知っている奴等だった。
「やっと、見つけた……セツナ………」
「………キリア」


彼は、以前と変わらぬ姿でそこに居た。いや、変わってしまったのは僕らなのだろう。
アタラクシアの幹部であることを示す白いコート。紅の瞳。見惚れる程に美しい―戦神の姿。
他の3人……シオン、ソウマ、フレイアは戦いたくてうずうずしているらしい。無表情を装っているが、その瞳には嬉々とした光が宿っている。それは、僕も例外では無い。

あぁ、早く――殺シタイ――


「………」
俺の、大切な仲間だった彼ら。だが、今はもう……彼らは俺の知っているあいつ等じゃない。
俺は………決めた。
あいつ等を………組織自体を……消し去ってやる…!
俺は刀を奴等に向けた。

「行くぞ、アタラクシア幹部。……覚悟は……良いな」







後書き
……………書くことが無い;;
まぁ、次回をお楽しみに。(ぇー)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/29 黒夜]
[07/29 刹那]
[07/29 黒夜]
最新TB
プロフィール
HN:
守衛・刹那
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]